AA自作グッズ作りの苦労

作り始めてからも描き直す、というのがポイントでしょう。
何よりも自分の中で完成形のイメージを固めるのがコツ。

では粘土造形と似せるコツっていう点で違いはありますか?
「粘土細工の場合はフリーハンドで顔を彫っていきますが、
ぬいぐるみの場合は顔パーツを置いていって確認しながら貼り付けていきます。
微妙に配置をずらしたり顔パーツの大きさを変えたりしていきます」

トライ&エラーですね。
実際、製作に入る前にはフリーハンドで型紙を起こすそうですが、
これも実際に組んでみて気に入らない箇所があれば、型紙からやり直しするそうです。

簡単に作っているように見える自作グッズ作りにも苦労があると知ってちょっと驚いている私は近頃、
某有名私立大学ヤリサーの実態 新歓コンパ高峰美春の場合から受けた衝撃を誰かに伝えたいと思っています。