コンテンツのコピー可・不可の線引きが明確に

「世の中これだけ複雑になってきたら、やはり使う人間の方が情報を取捨選択して、
自分はどっちの立場に立つかということを考えなければならないんです。
君はやるの?やらないの?ということなんです」
「うーん、やる、やらないは個人の主観で決められますけど、コピーしていいソフトなのか、
してはいけないソフトなのかという問題があるじゃないですか」
「もちろん、今後はアカウンタビリティが必要で、ここまではコピーしていいソフト、
これはダメなソフトという線引きが一層明確になってくると思います。
逆にそういう努力をして、
初めてソフトメーカー側はきちんと権利ビジネスをやっていけるということでもあります」

最近はほとんど無料のソフトで十分事足りるような気がしている私はしばらく前から、
ピュアルテ 二の腕ぶつぶつ 治すがもっと一般的になればよいと思っている。