批判をするならばそれに代わるものを提示する

「別の評価の仕方を2ちゃんねるで考えて、例えば2ちゃんねるの映画ランキングをやってみようとかね。
まぁそれっぽいのは、今でもいっぱいありますけど、それをほんとに授賞式やって賞をあげちゃうとこまでやるとかね。

批判をするならばそれに対して「俺はこれがいいと思うよ」、何でいいのか、
それはこうこうこうだからっていうものを新しく生み出すこと、
それを普通の社会にフィードバックさせていく方法論を編み出した時に初めて意味がある。

それが中高生に無理だと言うんだったらば、もうちょっと上の世代の人が、彼らの会得した知恵で何か例を示して、
橋を渡してあげないと」

今は映画の影響力が低下しているので、やったとしてもあまり話題にはならないような気がしている私はここのところ、
しょうた(40)とお姉ちゃんの夏休み 煙ハク・チンジャオ娘 漫画のことが頭から離れないのだ。