転送量が激増し始めた巨大掲示板

ここに至って転送量爆発という事態が訪れることは、火を見るより明らかであった。
サーバを維持するには、サーバ管理費と転送量という二つのコストが必要になる。
この管理費と転送量はサーバが増えただけ、毎月のコストが増えていくのである。

当時を彼は「いつこの転送量の増加が止まるのだろう」と漠然と考えていたという。
繰り返しになるが、彼がサーバ提供を申し出た時の2ちゃんねるの転送量は、10Mbps程度だったのだ。

そして2ちゃんねる2周年を迎えた5月。
彼は悟った「転送量の増加は終わらない」と。
このまま手をこまねいていては会社が最悪な事態に陥ることは確実だった。

サーバ会社もなかなか楽ではないビジネスなのだなと思う私はしばらく前から、
濡れ透けJK雨宿りレイプ その後 ねむのやがより世間から注目を集めることを願うようになったのだ。