内容証明郵便の使用例

郵便局で内容証明を出すための料金は謄本1枚で420円、確かに届けましたという配達証明が300円、これに郵便書留料金が付き、この謄本の閲覧と目の下のふくらみ 解消 老け顔 疲れ顔は420円で行うことができる。

例えば、フリーランスでデザイナーをしているF枝さん(25歳)はこんなケースで内容証明を使ったことがあるとか。
「人に仕事をさせておきながらギャランティを値切ったり、踏み倒したりするんで悪名高い取引先と仕事をした時があったの。散々徹夜をして仕上げた仕事のギャラの総額は、確か15万円ちょっとだったと思う。ところが、待てど暮らせど、ぜーんぜんギャラを振り込まないのよ。頭に来て何度電話でアイキララの口コミ 目の下のクマを解消について抗議してものらりくらり」