Field Catchの特徴

デジタルカメラ部には、2.0インチTFTカラー液晶を搭載。
画像記録サイズは2048×1536ピクセルで、補完処理により2592×1944(500万画素)の記録も可能。
本体内に32MBのメモリを搭載するほか、SDカードスロットを備えている。
ころころ歯ブラシの効果・口コミ|歯周病を歯磨きで改善

対物レンズ径は70mm、焦点距離は210mmでマルチコーティング。
電源は単三電池2本で動作する。
倍率切替機構は、スコープ側の70mmレンズと横に搭載された20mmほどのレンズを切り替えて使う仕組みで、小型のレンズはカメラ専用。
24倍側に切り替えた場合はハーフミラーで分光しているようで、多少明るさは落ちるもののアイピース側でも観察できる。
コントラスト検出方式と思われるフォーカス補助機能搭載しており、液晶モニタ上に表示されるバーで合焦の度合いが分かるのが便利だ。

野鳥の撮影などでは、コンパクトデジタルカメラとフィールドスコープを組み合わせた通称「デジスコ」と呼ばれる超望遠撮影が密かなブームだが、Field Catchは、まさにこういった用途にぴったり。
ワキガ対策商品 現在の人気ランキングは?