ネットオークションで代金引換を利用して安全に取引するには

代金引換は確実な手段とまではいかない。
落札した商品と届いた商品が異なる場合などが考えられるので、届く商品に対して保証することができないからである。
代金引換を使って安全な取引を望むなら、箱や封筒などを開けなくても中身が確認できるような透明の窓を
出品者につけてもらうべきだ。
これなら、配達された段階で中身を確認できるので、比較的安全に取引可能だろう。

ネットオークションでは、取引終了後に出品者と落札者が双方に評価をつける。
確実な指標ではないが、出品者の評価を見ることで信用できる相手かどうかを推測することができる。

代金引換は今までほとんど利用したことがない私はここのところ、
爆食系You Tuberに1日の大半の時間を費やしてしまっているのだ。

ファイルの収集をしている時にはあまり見る機会のないノードウィンドウだが、意外と覚えておくと便利な項目があったりする。
「Search切断」を行うと、新たなサーチノードと接続されて検索結果のリフレッシュにもなるし、「アドレス暗号化」では、他のユーザーのために初期ノードアドレスを取得することもできる。
また、画面にはクラスタワードも表示されているので、他の人がどんなワードを使っているかも一目瞭然。